Clockの物語

Clockの物語

80年代の初めはUmbraにとって苦闘の毎日でした。同社の社名を冠した初の商品はプリント紙製のウィンドシェードで、評判にはなりましたが利益は取れませんでした。

Shoe Hornの物語

Shoe Hornの物語

私は時折1999年のUmbraカタログを見返します。当時私は、父の日のプレゼントを探していました。父は60代でしたが、私は、うちの会社はギフト商品をデザインしているのだから、60代男性に向けた商品も見つかるだろうと思っていました。ところが、何もなかったのです。

Cansの物語

Cansの物語

80年代の終わりにはUmbraは紙製の窓用シェードに留まらない、多種多様な商品を扱うメーカーに成長していました。シェード市場はあまりにもニッチで、小売店でも在庫管理・ディスプレイ共に難しく、取扱いづらかったのです。